小学部クラス指導コース

小学部は、高学年になると「宗像中学受検クラス」と「市立中学進学クラス」の二つに分かれます。
低学年から楽しみながら確かな力を積み上げる「オンライン英語」「キュビナ算数」「ステップアップコース」など充実しています。また、英語検定や漢字検定にも力を入れています。
対象校舎:赤間本部校 / 自由ヶ丘校

時間割

コース 学年 校舎 曜日・時間
宗中受検
土曜特訓
小6 赤間 土曜日 14:00〜17:50
小5 赤間 土曜日 14:00〜16:50
受検算数 小6 赤間 火曜日 17:30〜18:10
赤間 土曜日 18:15〜18:55
小5 赤間 火曜日 18:15〜18:55
受験国語 小6 赤間 火曜日 18:15〜18:55
小5 赤間 火曜日 17:30〜18:10
小学英語I 小3〜6 赤間 金曜日 17:10〜18:55
小学英語Ⅱ(※) 小3〜6 赤間 水曜日 17:10〜18:55
キュビナ算数 小2〜6 赤間 月曜日 17:10〜18:10
赤間 土曜日 15:10〜16:10
宗中受検
低学年
小1〜4 赤間 土曜日 13:40〜14:50
赤間 土曜日 16:20〜17:30

※ 英検5級合格程度の力が必要なコースとなります。

小5・6生対象 国語

小5・6国語 石松塾の小学生国語は二つのコースに分かれます。
一つは、「受験国語(ふくしま式国語)」、もう一つは「ステップアップ国語」です。

[1]ふくしま式概要
大人気の「ふくしま国語塾」主宰、メディアでも話題の福嶋隆史氏が提唱されている国語メソッド。
最大の特徴は、「国語力=論理的思考力」「国語問題集=論理的思考力を高める問題集」という点。
国語にも算数と同じような公式(「型」)があることを明確にし、確固たる国語力を身につけることを目標にする。
ふくしま式

[2]今現れている成果
読解問題を楽しむ子供が増えている。解き方の「型」を教えるので、根拠のある正解にたどり着くことができ、それが喜びになっている。
論理的に読む事と並行して、論理的に書くこともできるようになるのが大きな特徴で、記述問題、作文を白紙で出す子は皆無になりつつある。
保護者の方から話が論理的になってきているという嬉しい報告もあり、論理的思考力を鍛えることで全ての教科に好影響を与えている。

小5・小6受験算数

使用教材
細かなステップを踏み、形式を変化させながら、重要事項を繰り返し出題する問題集を選択しています。必須項目を確実に定着させ、学習を徐々に発展させていきます。 最終的には教科書では扱わない応用問題まで行い、受検に求められる、発想力や処理能力を養います。

小学算数 ノート指導
適時にノート指導も行います。ノート作りのポイントは後から見たときに整理されて見やすいことです。 ノートをきちんと作成できるようになると理解が進みます。また、算数上達のポイントはやり直しにあります。 間違えた問題を自分の力で解けるまで、きちんとやり直すことが重要です。 やり直しのスペースを十分に設けることで、定着しやすいノートになります。

小テスト・単元まとめタームテスト
授業の進度に合わせて随時実施します。小テストは前回学習した内容や宿題の内容をきちんと理解できているか確認します。タームテストはそこまで学習した内容が定着しているかをチェックするテストです。 単元を学習した後に実施し、単元ごとのまとめを行います。目標は学校の教科書内容を確実に定着させ、よい点数をとること。そのために現在の理解状況をしっかりチェックします。

復習プリント
前学年までの内容も含め、ここまで学習した単元の重要部分をまとめたプリントです。定期的(週1回)に課題として行っていきます。 特に重要な部分は定期的にくり返し出題し、さらに定着の強化を行います。 既習内容の確認を行うことにより、学習内容の定着を深めます。

小学生オンライン英語

塾での英語授業60分+外国人講師オンライン25分

4技能(聞く・話す・読む・書く)をバランスよく身につけるためのコースです。
資格取得にも対応できます。

4技能とは?

ISIMATU JUNIOR ENGLISH | 低学年英語 4技能とは?

小学生オンライン英語の特徴

小学生オンライン英語の特徴

  1. これからの英語教育にあった独自の指導を行っています。
  2. バランスよく4技能取得をすることを目ざしています。
    (資格取得に対応できます。)
  3. 発音学習法(フォニックス)で単語から 長文までの読み書きができるように指導します。
  4. 「生きた英語」「通じる英語」を追求し、 英語でコミュニケーションできる子どもを育てます。

Qubena(キュビナ) 算数

人工知能が一人ひとりに最適化

各生徒のありとあらゆる情報(解答、解答プロセス、スピード、集中度、理解度など)を収集、蓄積、解析。人口知能が「その生徒が何を理解していないのか?」を把握し、「解くべき問題」を出し続けるので、講師による個別指導と同じような「生徒一人ひとりに合った学習」が可能になりました。

タブレット教材

生徒によって間違え方も解き方も人それぞれであり、解法方法もそれぞれです。 Qubena では、間違いの原因を人工知能が解析し、原因を解決するためにその生徒が解くべき問題へと誘導します。

キュビナ

例え過去の単元や前の学年の分野につまずきポイントがあったとしても、人工知能がそれに気付き、その問題へ連れていってくれます。生徒一人ひとりがとことん弱点克服できるまで問題を出し続けてくれます!

自ら学ぶ「姿勢」をつくる

タブレット学習だけでは?と思われがちですが、他のタブレット教材と一番違う所は、「しっかりと書かせる」ところです。問題をノートに途中式を書いて解くことが、このQubenaでは再現されています。(画面に途中式を書いて解答することが基本です)
そして教わることよりも圧倒的に問題を解く量や時間が多いため、自ら考えて学ぶ姿へと学習の形を変えることができます!

Qubenaは、お子様のつまずいているポイントを瞬時に発見し、自動的にその分野の復習問題を提示してくれます。それを解くことで一つずつ苦手が克服されていき、どんどん数学が分かるようになっていきます。


お気軽にお問い合わせください

各コースに関する疑問・質問はこちらからお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-331174お問い合わせフォーム