教育理念

[高3生・卒業生]入試突破!読解スピード育成講座

この記事は2015年10月06日に掲載したものです。

制限時間を強みに変える速読力で入試を突破する

1月16日、17日は2016年度センター試験、2月には2次試験が実施されます。限られた時間の中で今まで勉強してきたことを100%出しきるためには、まずは「時間内に解ききる力」が必要です。速読英語&速読のトレーニングを続けている中でテストを迎えることで、英語の長文化・国語の難化傾向の対策をしよう!

入試突破!読解スピード育成講座

入試突破!読解スピード育成講座 受講要領

個別・サテライン学習との併用受講がオススメです。

  • 対象:高校3年生・高卒生
  • コース内容:①~④から1つを選択ください。
    1. 英語長文A(速読英語:中級→センター長文)
    2. 英語長文B(速読英語:センター長文→上級)
    3. 国語現代文(速読:センターor私大現代文)
    4. 2教科(①+③または②+③)セット
  • 受講期間:11月~1月の3か月間(1ケ月から受講可)
  • 受講回数:①②は回数無制限、③は月8回(週2回)
    (※1回あたり約30分のトレーニングです。)
料金表 英語長文A・B 国語現代文 2教科セット
受講期間 一般生 塾生 一般生 塾生 一般生 塾生
1ヵ月 \9,900 \5,400 \8,900 \4,800 \16,800 \9,100
2ヵ月 \17,800 \9,700 \16,000 \8,700 \29,800 \16,200
3ヵ月 \23,800 \12,900 \21,400 \11,600 \39,300 \21,300
英語長文コース:受講スケジュール例(2ヶ月受講の場合)
コース 1ヶ月目 2ヶ月目
英語長文Aコース 速読英語:中級コンテンツ
38単元(英検準2級レベルの長文)
※ 1ヶ月で進めるだけ進みます。
速読英語:センターコンテンツ
10単元(センター長文過去問)
※ 終了後は「上級コンテンツ」へ。
英語長文Bコース 速読英語:センターコンテンツ
10単元(センター長文過去問)
※ 終了後は「上級コンテンツ」へ。
速読英語:上級コンテンツ
28単元(英検2級レベルの長文)
  • 3ヶ月受講の場合はトレーニングの負荷を徐々に上げる「Aコース→Bコース」の受講ができます。
  • 1ヶ月受講の場合はセンター実践トレーニングから始める「Bコース」がおすすめです。
国語現代文コース:トレーニング文章例

1ヶ月のトレーニングに使用する長文を2つ選択できます。トレーニング4回終了毎に変更します。

センター試験現代文
番号 著者名 題名
1 小浜逸郎 「大人への条件」
2 山本健吉 「日本の庭について」
3 岩井克人 「資本主義と『人間』」
4 杉本秀太郎 「散文の日本語」
5 栗原彬 「かんけりの政治学」
6 河合隼雄 「イメージの心理学」
7 狩野敏次 「住居空間の心身論『奥』の日本文化」
8 饗庭孝男 「想像力の考古学」
9 馬場あき子 「おんなの鬼」
10 鷲田清一 「身ぶりの消失」

私大入試現代文
番号 著者名 題名
11 森鴎外 「最後の一句」
12 中井久夫 「日本語文を書くための古いノートから」
13 内山節 「怯えの時代」
14 加藤周一 「手のひらのなかの宇宙」
15 加賀野井秀一 「日本語は進化する」
16 夏目漱石 「吾輩は猫である」
17 新谷尚紀 「なぜ日本人は賽銭を投げるのか」
18 橋本治 「増補 浮上せよと活字は言う」
19 田中克彦 「ことばとは何か 言語学という冒険」
20 茂木健一郎 「疾走する精神」
講座受講割引特典

塾生料金は半額以下!兄弟姉妹・母子家庭も割引あります!
申込時に兄弟姉妹が石松塾で受講されている場合は上記料金から1割を減額します。母子家庭の場合も1割減額します。
※塾生料金:高校部に設備費を毎月納入している塾生を対象としています。

お問い合わせ

お申込み・ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
tel. 0120-331-174(フリーダイヤル) / メールでのお問い合わせはコチラ

このページの先頭へ